MABI STUDENT FES 報告 2018年12月22日


MABI STUDENT FES
日時:12月22日(土)10:00~17:00
場所:アリオ倉敷屋外ステージ周辺
主催:一般社団法人SGSG #おかやまJKnote
共催:岡山次世代スクール協会
後援:岡山県教育委員会 倉敷市教育委員会
助成:日本財団 ベネッセこども基金
協賛:ストライプインターナショナル 両備ホールディングス トミヤコーポレーション ティアラ 大町(日本一のだがし売り場)
スペシャルサンクス:「雨のち晴れの国おかやま」クラウドファンディングに協力していただいた59名のみなさま

西日本豪雨で甚大な被害を受けた岡山県倉敷市真備地区の中学生の数は約600人。一時、真備を離れての学校生活を余儀なくされていましたが、10月になり真備・真備東中学校共に真備地区での学校生活を再開させました。しかし、2校が同じ校地で一部プレハブの校舎、スクールバスでの登下校など、日常の学校生活が取り戻せているとは言い難い状況です。文化祭など、生徒たちが楽しみにしていた学校行事もほとんど行えていません。そこで、被災していない高校生有志を中心に、真備の中学生たちに「文化祭のような1日思いっきり楽しめる場」を創ることにしました。ステージあり、ブースあり、そしてサンタクロースからのクリスマスプレゼントあり、1年の終わりに、真備の子どもたちへの特別なプレゼントイベントです。

来場者数

 一般の来場者  真備からの来場者
1115  239

プログラム

 ■ステージ
10:00    オープニング
10:15~10:40 sha☆inステージ(岡山ご当地アイドル)
10:45~    真備陵南高校PRステージ
11:00~12:00 ウエストランド&真備っ子お笑いステージ
12:15~12:45 駄菓子屋ROCKライブステージ
13:30~14:30 MSB30(真備っ子中学生)企画ステージ
15:00~15:30 #おかやまJKnoteステージ(「@color」新曲発表など)
16:00~   真備っ子中学生対象プレゼントくじ引き大会
17:00    クロージング
 
   
■ブース
#おかやまJKnote」 MABI PAPER 配布(最新号とバックナンバー)チェキイベント
「MSB30」 チャリティグッズ販売
「ジャンジャック」 お手紙ワークショップ
「大学生環境教育チーム」フォトフレーム作りワークショップ
「ハートフルファミリー」 シングルファミリー支援の活動紹介
「駄菓子屋縁日」 駄菓子屋ROCKプロデュースの楽しい駄菓子屋縁日

     
     
 
     

マスコミ取材実績

【事前】
12月17日(月)読売新聞
12月19日(水)山陽新聞
12月20日(木)岡山放送「みんなのニュース」
12月21日(金)山陽放送ラジオ「岡山ニュースの時間」
【事後】
12月22日(土)NHK「7時のニュース(全国放送)」
12月23日(日)共同通信配信 全国の地方紙に掲載

スタッフ感想

西日本豪雨があった2018年7月。私の生活は変化がなかったが、真備の人たちの暮らしは一転しただろう。そんな中で、私たちのできることということで、緊急会議から紙媒体の新聞「マピペーパー」が生まれた。そして、マピペーパーの活動からMABI STUDENT FESを開催することになるなんて、あの時には全く思ってなかった。災害があると、不幸なことがたくさんあり災害=悪いものと思われがちだ。しかし、災害は、特別な出会いを作ってくれたり、悲しいことがあれば、嬉しいことも沢山やってくると考え、日々前向きに進んでいったらいいとおもう。(かりん)

高校生リーダーをやると決めるときには、不安でいっぱいでしたが、先輩方がいっしょに考えてくれたりとても心強かったので、安心して本番を迎えることができました。いろいろと私自身拙いところもあったと思いますが、大成功に終わってとても嬉しいです。自分のあんな近くの場所で大きな災害が起こるなんで思ってもいなかったです。自分でも何かできることはないかと、災害にあった人達の心を少しでも軽くできたらなと思いこのイベントに参加しました。ゆっくりと災害にあった方々の心が癒されていくといいなと思っています。(まりん)